新正堂

HOME お店のご案内 歴史探訪 商品一覧 オンラインショッピング パブリシティ おすすめわがしのおはなし 切腹最中のひとりごと日記

◇お客さまの声
◇ご注文・お支払い方法
◇送料について
◇訪問販売法表示




   ◇その1◇材料の呼称  
   ◇その2◇日本のお宝〜驚きの小豆パワー〜
NEW!

    和菓子豆知識写真餡(あん)   
    原材料名称 

    ●小豆餡 小豆で作る餡
    ○しろ餡 白豆で作る餡。白いんげんで作るのが一般的だが、手亡や白小豆で作る場合も。
    ●うぐいす餡  青えんどうから作る餡
          
    豆の状態による名称

    ●こし餡    豆の形を残さずに完全に裏ごししたもの。
    ●つぶし餡  豆の形をそのまま残したもの。小倉餡、つぶ餡という呼び方も。

    砂糖の配合による名称

    ●生餡    糖分がまったく加えられていない餡。
    ●並餡    生餡に糖分55〜60%加えた餡
    ●中割餡   生餡に糖分を70%加えた餡
    ○上割餡   生餡に糖分を75%以上加えた餡


    ●上新粉  うるち米を水洗いし、水切り、乾燥させて製粉したもの。団子・柏餅・草もちなどに使用。
    ●もち粉  もち米を水洗いし、脱水し、ロール製粉機で製粉し乾燥させたもの。
    粉質により、羽二重粉、求肥粉と呼び分ける。


   
 ☆なぜ今 豆なのか☆

家庭料理から加工食品、外食へ
昭和50年代、女性の社会進出の増加とあいまって加工食品の生産が拡大
昭和60年代以降、バブル経済の中で飽食の時代を迎え成人病が増加。
健康、安全志向が急速に高まる一方、子供や若い男女を中心に、コンビニや自動販売機でのスナック菓子や、清涼飲料水の飲食が増加。食生活上でいろいろな問題を投げかけている。

戦後の栄養摂取量の変化
豆類、炭水化物、魚、海藻中心から、油脂を多く使用した食品や肉類へ
↓       
生活習慣病が増える

赤と黒の時代

小豆、黒豆、黒糖、黒ごま、赤ワイン、トマト、赤ピーマン、ブルーベリーなど、ミネラルやポリフェノールや食物繊維など現代人の不足するものがたくさん含まれている.


☆豆を代表する小豆☆
・食物繊維 水溶性 → コレステロールや血糖値を下げる
余分な栄養素を取り込みすぎない



不容性 → 余分な物を包んで外へ一緒に出す---がん予防---からだの中から美しく
  生野菜より豆の方が多く含んでいる  (消化酵素で分解できないため)
・豆を炊いて食べる機会が減っている
・あんは栄養バランスが良く入っている事がすばらしい。
・豆の中のラフィノースは(人間の体が必要としないので分解されないが)お腹の中でビフィズス菌の栄養となり、その量を増やす。ヨーグルトは飲んでも腸の最後まで行かない
・豆=種である
 ツタンカーメンの墓から出てきた種が水に入れたら芽が出た        
       ↓                         
    それ程生命力がある 
・小豆は炭水化物を含む=燃えやすい ← 燃やしてくれるものが入っている
            B1はマッチ    酵素が必要  B2 B6 
・小豆=北海道の作物=昼夜間温度差がある

夜温が低いので呼吸量が少ない → 

たんぱく質、ミネラル、ビタミン、でんぷんが豊富になる

北の光は紫外線が強い → 

自分を守るためビタミンUができる

抗酸化力が強い
・おやつの役目    すぐ働き出す 食べてすぐきく必要がある
          主食で不足しがちなものを取りたい
小豆=あんこは、人々の心を豊かにする。今、注目の第七の栄養素!
豆を毎日とって(40日は続ける事が大切)心身共に健康になりましょう。



   TOPに戻る


制作・著権 株式会社 新正堂
当社のホームページを無断に転載・コピー・転用することを禁じます
お問い合せ電話:03-3431-2512  Email:
info@shinshodoh.co.jp
2004(C)Copyright SHINSHODOH.inc All Right Reserved.